痛い描写が苦手な方はご注意を ※ネタバレあり

残酷な檻 ~全寮制学園の小鳥~
2017年12月15日 5:43 pm /
BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

現在1~5話まで掲載されていますが、5話分まとめての感想です。

あらすじ

主人公は高校生の叶多。
病弱な母親にかかる治療費と自身の生活費のために、叶多の友人・御園唯人の父親から日常的に性的なものを含む暴力を受けることで金銭を得ている。そんな日常に絶望していたある日、亡き父の親友であった桐ヶ丘学園の学園長の須賀に救出される。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

が、希望を見出したと思ったのもつかの間、その須賀学園長の息子であり須賀学園の生徒会長である悠哉にまたもや凌辱される日々が始まり…。

というストーリーなのですが・・・

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

痛いシーンが多いです

いかんせん理解しづらい。
人間関係も然り、叶多が凌辱される理由も然り。

御園から凌辱されていたのは、叶多だけではなく叶多の父親もそうであったこと。
叶多の父親と、御園、そして須賀学園長の関係。
なぜ、叶多が御園や須賀悠哉に凌辱されなければならなかったのか。

とにかくすべての巻で、叶多が酷い暴力を含むレイプを受けているシーンに多くのページ数が割かれていて、肝心の「ストーリー」については描写が少ない。何度か読み返すと、もしかしたらこういう事かな、と推測できる部分もあるのだけれど、話が理解しづらいので話に入り込みづらい。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

気持ちの描写がもっとあれば・・・

主人公たちが高校生であるという年齢を考慮すると、所かまわず、複数で、あるいは衆目に晒された状態で、時にクスリを使い、緊縛し、常にセックス(というかレイプ)しているシーンには正直リアリティも感じられない。ページ数も多いので食傷気味にもなる。

けれど、読み進めるうちに、徐々に彼らの関係性とか憎悪の気持ちとか、そういうものが見えてくる。凌辱シーンを減らし、彼らの気持ちの描写が多かったら、あるいは非常に萌えた作品ではなかったかと思います。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

今後に期待です

5話完結の物語ではなく、まだ続きがあるようですが、そちらではぜひとも彼らの「内面」について描いていただきたいなと。

レイプ。
凌辱。
受けさんがとにかくひどい目にあう。

こういった内容に萌えを感じる方にはお勧めな作品かと思いますが、かなり痛い描写が多く、叶多が可哀想すぎてちょびっと萎え萎えな気持ちになりました。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ


関連記事

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • ALL

DAILY

      WEEKLY

      ALL

      タグ一覧

      おすすめ