ほのぼの、可愛い短編集

「好き」のカタチ
2017年12月5日 6:03 pm /
BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

商業本を何冊も出されている萩野さん作品という事で、ストーリー・絵柄共に安定していて読みやすいです。
短編集で、表題作含む7つのCPのお話が収録されています。

『GUARD DOG』

主人公は大企業の高槻グループの若き後継者・怜司の秘書の須崎。

子どもの頃から怜司に憧れ、その憧れがいつしか恋心に変わり…。
公私ともに怜司に尽くす須崎の恋心がなんとも健気です。

社長として有能な怜司が須崎に仕掛ける「策略」もなかなか美味しく、クールでデキる男・須崎が翻弄される様が痛快です。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

『甘い棘』

高校教師の芦原先生。
過去に、彼が犯してしまった過ち。その出来事を忘れることもできずに贖罪の気持ちを抱えて過ごす彼のもとへやってきたのは―。

すれ違う二人の感情の機微がなんとも切ない。
タイトルが秀逸で、やっと訪れた二人の幸せにほっとしました。

同軸ではありませんがリバ表現があります。苦手は方はご注意を。

『Sweet&Sweets』

レストラン?それとも喫茶店かな。
そこでバイトとして働くDKの淳平くん視点のお話。
彼はそこのオーナー兼シェフの知久のことが大好き。料理の腕も、知久さん本人のことも。

DKという若さだけで行動を起こす淳平くんの、しっぽと耳が見えそうなくらい知久さんに傾倒しているわんこぶりが可愛いですが、大人ゆえにもっと先まで見通して行動する知久さんのナイスガイぶりがなんとも素敵です。

『「好き」のカタチ』

幼馴染で、同じ高校に通う佐々木くんと上総くんのお話。
佐々木くんの秘めた恋心に萌えつつ読み進めましたが、彼の方が攻め。事の最中に佐々木くんが見せるオスの顔がカッコよすぎました…。

健気なばかりだと思っていた佐々木くんの、最後に見せるブラックさにGJをおくりたい。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

『Eccentric Beauty』

同じ大学に通う都丸くん×嶋津さんのCPのお話。
都丸さんに一目ぼれした都丸くんの猛アタックにより恋人同士になった二人。
大切にしたい、綺麗な嶋津さんを汚したくない、でも好きだしエッチもしたい。
そんなグルグルする都丸くんですが…。

「初エッチがしたい」という展開のお話なのでエロ度はやや高めなお話ですが、シリアスな展開になることもなくほのぼのな雰囲気。

最後の

じゃあ次は俺がやらせてもらう番だな

という嶋津さんのセリフがなんとも良し。ぜひとも嶋津さんにはリバっていただきたいです。

『デザイア』

どのお話もシリアスな展開になることはほぼない作品集ですが、このお話はややシリアスめなお話。

飛行機事故に遭い、生死不明の弟・秋人を持つ航。
その弟の、恋人の理。
大切な人を失った者同士、傷をなめ合うように生きている二人のお話。

秋人の生死が不明という事と、お互いの存在が日々大きくなっていく彼らが選ぶ未来は…。

『お兄さんと一緒』

ショタっ子のお話。

猫、なのだけれど、人型もとれる「ネコマタ」の夏樹。
彼は母親から人間は怖いから近づいてはいけないと言い聞かされてきましたが、ある日けがをしてしまったところを亨に助けられ…。

生活を共にする中で、少しずつ二人の間に育っていく感情が、可愛くって気持ちがほっこりします。

夏樹の母親が人間を毛嫌いしている理由も少しずつ見えてくるので、夏樹と透を引き離そうとする彼女の気持ちにも寄り添える。

夏樹のビジュアルが幼稚園児か小学低学年くらいに見えることもあってか、エロはほぼなし。
とにかく夏樹の可愛さに癒されます。めちゃんこ可愛いです。

どのお話も面白かったですが、短編集ゆえにあっさり話がまとまってしまっているのが残念といえば残念。長編にしてもっとじっくり話を膨らませてもらったらもっと良かったかなと思います。
が、作風が偏ることなくバラエティに富んでいて、また全体的に優しくほっこりしたお話ばかりなので、読後優しい気持ちになれました。


関連記事

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • ALL

DAILY

      WEEKLY

      ALL

      タグ一覧

      おすすめ