大団円。※ネタバレあり

SEX ドランカー 6
2018年10月12日 5:37 pm / ポッチ
BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

『セックスドランカー』の6巻目にして完結編。

 

試練はまだまだ続く

 
穂高さんのもとへと帰り、そして想いを通じ合わせた穂高さんと棚田くん。薄幸な棚田くんがやっと幸せを手に入れた…、と思ったのも束の間、まだまだ彼の試練は終わらなかった。

 
棚田くんのパトロンさんたちは、皆さん、いい意味で老成しているというのか、自分の気持ちは一歩置いておいてタカシくんのことを思いやれる男性たちばかり。そんな中、今までもタカシくんに並々ならぬ執着を見せみんなに呆れられていた福沢さん。
 

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

 
その福沢さんから穂高さんを守るために棚田くんが取った行動は…。

 

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

 

棚田くんの強さと愛

 

棚田くんが、めっちゃ男前でした。
今まで、彼は自分自身にすら執着することがなかった。
自分の身体はお金を手に入れるための武器であり、そのために身体を酷使し、結果死んでもいいとすら思っていた棚田くん。
 

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

 

その彼が、愛し、守ろうとしたのは穂高さんで。穂高さんへの愛情が、淡々と生きてきた棚田くんを変えた。

 

彼の強さと穂高さんへの愛情に思わず落涙した。

 

けれど、棚田くんと想いを通じ合わせた穂高さんも強かった。
福沢さんのものになった棚田くんを取り返そうとする、ぶれることのない彼の強い愛情にも激萌え。

 

穂高さん×棚田くんの二人の想いに萌えまくりましたが、棚田くんのパトロンさんたちの、そして「あの」福沢さんの、懐の大きさもとても良かった。タカシくんを大切に思えばこそ、の彼らの行動に心から拍手を送りたい。

 

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

 

壮大なストーリー、ここに完結

 

そして棚田くんが成し遂げたかったこと。

 

棚田くんもまた、パトロンの皆さんのことを大切に思っていたのだと。
穂高さんを想う気持ちとは別の、けれど、深い愛情と感謝の念が確かにそこにあった。 

 

この作品はSMがメインになっていることもあって、痛いシーンはかなりあります。
棚田くんが複数の男性と性行為に及ぶことはざらで、モブ姦があまり好きではない方にはちょっときつい描写も複数出てきます。
そういうシーンが地雷な方には注意が必要な作品ではあると思うのですが。

 

正直、1巻を読んだ時は、ここまで壮大なストーリーだとは思ってませんでした。
エロとギャグと、そしてSM。
それがメインの話だと思っていましたが、6巻通して読んでみると沢山ある伏線を上手に回収しながら進む展開で圧倒されました。

 

家族の愛情とは。
人を愛するという事とは。
そして、幸せとは。

 

それらを問う、壮大なストーリーでした。

最後の、穂高さんと棚田くんの優しい濡れ場に気持ちがほっこり。
彼らがずっと幸せでありますように。

 

 

 


関連記事

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • ALL

DAILY

WEEKLY

ALL

タグ一覧

おすすめ