BLというよりもミステリー ※ネタバレあり

2018年4月6日 2:58 pm / ポッチ
BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

BLというよりもサスペンスというかミステリーの要素の強いお話でした。大きなネタバレを含んでいます。ネタバレが苦手な方はご注意を。

あらすじ

主人公は父親と養鯉業者を営む冬那と、冬那のいとこの幾。
二人の視点で描かれていますが、どちらかというと冬那視点の描写の方が多いかも。

地元・新潟で養鯉をする父と、地元を離れ東京で幾とともに父親が育てた鯉を販売する冬那。
そんな冬那の仕事をサポートしてくれているのが建設会社社長の藤枝。藤枝はなにくれとなくサポートしてくれ、そのおかげもあって冬那の仕事は順調に進んでいます。

ある日、藤枝の紹介で楠という男性と出会いますが、その楠が殺されるという事件が起こり

 

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

というお話。

 

辛い過去

幾と冬那はいとこ同士ですが、血のつながりはない。
子どもの頃に強盗に押し入られ、両親を殺されたという過去を持つ幾。その凄惨な事件を目撃してしまったショックから、幾には幼少期の記憶がない。そんな幾を引き取り育ててくれたのが、冬那の父親の妹である梢。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

二人はともに過ごすうちにお互いに恋愛感情を持つようになりますが、基本的に冬那と幾の恋のお話ではなく、幾の両親が殺された殺人事件を軸にストーリーは展開していきます。

 

記憶を無くす幾

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

楠が刺された日に血まみれの服で帰ってきた幾。
幾は、時々記憶がなくなる。
そして、突如別人のように豹変する幾。

幾が記憶をなくし、そして豹変するのは過去の凄惨な事件によって「もう一人の幾」が生まれてしまったのか?
という冬那が抱く疑問を、読者も共に追いかける展開。何人も人が殺されるというシリアスな展開なのでもしかしたら苦手な方もいらっしゃるかも。けれど、幾の秘密が気になって、ページを捲る手が止められませんでした。

二人が調べて行くうちに出会う、幾にまつわる重要な人物が出てきます。

 

ごめんなさい、事件の本質にかかわる重要なネタバレしてます

 

幾には双子の兄弟の悠がいます。

幾の豹変は、この悠とのシンクロ、という事の様。

双子だからって、相手の身体に意識が入り込む?
二重人格でした。という方がよかったんじゃないのかな。

と、思いつつ読み進めたのですが。

この、「双子のシンクロ」というのが、この物語の大きなファクターでしたね。
共に凄惨な事件の被害者であったこと。
事件後、一人は幸せな時を過ごし、もう一人は過酷な現実に巻き込まれ。
この二人の正反対の生活が、その後の彼らを大きく変えた。

特に悠の過去の話には思わず落涙するほど過酷なものでした。
けれど、その悠を、支え守ってきたヤクザの宇部さん。
彼の悠に対する深い愛情に激萌えしました。

悠さえいれば他には何もいらない。
悠さえ守れれば、他の誰が犠牲になってもかまわない。

そんな宇部さんがナイスガイすぎます。

気になった点

ただちょっと気になった点も。

綺麗な絵柄ではあるのですが、ちょっとバランスがおかしい、というのか
8
頭身どころか10頭身か12頭身くらいあるんじゃないかという体つき。

そして、幾と悠が美人さん過ぎるので女の子に見えちゃう、というのか。
特に、幾に関して言えば、彼が男の子である必要性は全くない。女の子であっても、ストーリー展開という点では全く問題なく進んでいく。
男同士であるという葛藤や障害がまったくないので。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

 

あと、これが一番気になったのですが、冬那が悠を抱いてしまうこと。
身体は幾のものですが、中身は悠なわけで、それを知っていてなお抱いてしまうのは、これは浮気なんじゃないのかなあ…、という。

けれど、最後幾と悠が許し合うシーンには思わず安堵しました。
まだ幾が抱える秘密はあるものの、悠と宇部さんが納得しているのでこれはこれでいいのでしょう。

BL感はやや薄めではあるものの、ストーリーとしては非常に面白く、ぐっと惹きつけられるお話でした。

 

 


関連記事

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • ALL

DAILY

      WEEKLY

      ALL

      タグ一覧

      おすすめ