可愛い義兄弟BL ※ネタバレ有り

そして、つながる。1巻
2017年11月27日 3:44 am / モカ

表題作は義兄弟もの、弟×兄のBLで、『My sweet home』『ゆれる気持ち』『そして、つながる』の三部で構成されています。

禁断の身体の関係

親の再婚で兄弟となった圭太(兄)と渉(弟)ですが、実は身体の関係があって……。というのがおおまかなあらすじです。義理とはいえ兄弟でそんな関係になっているのですから、想い合っている、もしくはどちらかの片想いかと思いきや、一番最初の時点では恋愛感情でそういう関係になっているわけではないのですよね。

渉の一言に萌え

圭太は渉のことを、「ムカつく、可愛くない弟」としてみています。けれど身体の関係があって、完璧でいよう、いい子でいようと要領がいいのに不器用な渉が放って置けなくて、頼って欲しくて……。「兄弟だから」と言いつつ、いつの間にか好きになってしまうのです。いや、好きになってしまうというよりかは、好きだと気づいた、と言ったほうが正しいかもしれません。

そして、つながる。,牧本一子

圭太はちょっと悩みますが、その気持ちを存外あっさり受け入れて、さらっと気持ちを告白してしまうところからも、それが伺えるような気がします。そしてその告白を受けた渉は大喜び……するかと思いきや、「セックスしてるからといって好きにならなくていいんだよ」なんていうのです!!

「好き」という感情を超える独占欲

その台詞の前に、『ゆれる気持ち』で最初に2人がそのような関係になった経緯が描かれているのですが、渉がモノローグで「男同士とか恋愛感情とかそういう問題は二の次だった」「圭太が僕のことでいっぱいになればいいと、いつもそれだけ思っていた」と言っています。

 

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

初めてキスした場面では、「僕は圭太にああしたかったのか」とも。いやもうその時点で圭太のこと大好きでしょ!? と思いつつ、「好き」以上に圭太のことを独占したいという気持ちが強かったかなあと思いました。自分だけを見て欲しかったのではないでしょうか。そして、その手段がセックスだったわけです。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

例え相手が自分のことを想っていなくとも、確かに独占できる、自分を見てくれる時間がある。だからこそ、「好きにならなくてもいい」なんて言えたのではないでしょうか。

複雑な感情と、感情の表現方法に萌え

個人的には「好きってなんだろう。それにはどんな意味があって圭太はどんな気持ちなんだろう」という渉の心情にとても萌えたので、ここら辺を掘り下げて欲しかったです。これに繋がるお話の『そしてつながる』では、かなりあっさり「好き」と言っていたので、あれっ! と思っちゃいました(笑) この話はこの話で、ラブラブなのが伝わってきて可愛かったですけれど。

 

他収録はえっちしたいのに受けの兄弟に邪魔される高校生カップルと、ドジっ子幼馴染と再会するお話です。

全体的に明るく可愛い雰囲気の作品でした。


関連記事

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • ALL

DAILY

WEEKLY

ALL

タグ一覧

おすすめ