「一生分の恋をしよう あとはそれだけで生きていけるほどに」

ささ夜の恋
2018年4月26日 5:33 pm /
BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

全7編の短編集です。

どれもいい話です!

全部で7つの短編のうち4つが「陰間」という陰間茶屋にいる男達に抱かれるために仕込まれてきた男娼達のお話です。
男娼ものだけど全部男に抱かれる悲壮感たっぷりってわけでもなく、なかなかたくましい子がいたり、芯がある子がいたりとそれぞれの男娼達に生き生きとした個性があってお話も変化に富んでます。

どのお話も胸にじーんときてとても良いので是非、読んでみてほしいです。
残りの3つは、現代物の短編で、こちらも表題作シリーズとはガラリと異なりますので是非。

ささ夜の恋

大店の若旦那×ささらという名前の男娼
惚れっぽく客相手に本気に恋をしてはいつも叶わぬささらと、そんなささらの側にいる若旦那。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

大人になって色香が褪せた時に、いったい誰が好いてくれるのか…という暗い気持ちを抱えつつ「若い(きれいな)うちに一生分の恋をしよう、あとはそれだけで生きていけるほどに」という覚悟で客相手に恋をしてきたささら。だけど同じ仲間(第3話の主人公ふじの)が身投げしてしまい絶望に襲われるささらを若旦那が救うお話。惚れっぽく浮ついたように見えていたささらの覚悟が胸に沁みました。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

宵の白妙

好きな相手である呉服屋の旦那から「俺の気持ちだよ」と白無垢一式をもらった茜。しかし…陰間の俺がいつ着るんだい!という訳で何か閃いた茜。
それ以来、いろいろな客にしおらしい事を言って白無垢をねだっては、どんどん質へ流して換金を…。
たまった金を手にして、とっととこんな商売から足を洗って自由になってやる!だけどそうしたら呉服屋の旦那にはもう抱いてもらえないな…と茜の胸に何かが去来するのですが、白無垢で一儲けした話が呉服屋の旦那の耳にも届いて…。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

これは最後がとっても良かったです。呉服屋の旦那からもらった白無垢だけはどうしても手放せずに、こっそりと身につけた茜とそれを見かけた旦那。胸にじーんときました。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

しあわせの時

父親に売られて男娼として育てあげられ、心が凍ってしまったふじの。
町で襲われかけたところを助けた永心と心通い合ってしあわせなひとときを得たふじのだけど「しあわせなひととき」を永久にとどめておきたいが為に…。
これは悲恋でした…(涙)。
永心はとても誠実なので彼となら、ひとときどころか幸せな一生を過ごせたはずだと思うけど、きっと辛い目にばかりあってきたふじのは、未来を信じる勇気がなかったのかもしれません…。
切ない。とっても切ない。遺された永心の事は描かれていませんが、幾らでも想像ができるだけに切ないです。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

 

ただあざやかな恋のため

役者修行のため艶を学べという名目で陰間をさせられているしのぶと、堅物の奉行所同心・涼次のお話。
役者やら芝居だなんて所詮嘘の人を騙す商売だろうと言った涼次が、しのぶを抱きながら「しのぶ 俺を…好きだと言いな。役者だろう?」と迫るところがいいです。

BL(ボーイズラブ)情報サイト ここらぶ

 

 


関連記事

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • ALL

DAILY

WEEKLY

ALL

タグ一覧

おすすめ